履くだけで身体が整うフレクサーソックス(屈筋くつ下)

さとう式リンパケアの理論に基づき、
履くだけで屈筋を刺激し、身体の腔が整い、
バランスが整い、パワーがアップします。
まじで!(笑)

フレクサーソックス、
訳すと屈筋靴下です。

履いて過ごせば、疲れ知らず!むくみ知らず!パワーアップ!
屈筋で腔が整うことを体験できる靴下です。

実際に履いてみた

お正月の着物に履いてみました。
着物を一日中着るので、フレクサーソックス(屈筋靴下)を履いて、その上に足袋カバーを履きました。
いつもは夕方になると、背中が痛くなって辛いのですが、
この日は、まだまだ元気!それ以上に背中がスッキリしていました!

これは着物女子にも、おすすめです!
着物女子から早速ご注文いただいています!
ありがとうございます!(*^-^*)

▲左足はフレクサーソックス、右足はその上に足袋カバー

腰痛スポーツ男性にも好評

腰痛持ちの40代男性、
1.前屈後屈で腰の具合を確認してもらってから
2.フレクサーソックスを履いてもらいました。
3.少し歩いて慣れてもらいます。


「おぉ!!すげ~!!これ恐いわ~~」
(めっちゃ良さそうでやばい)とのことです。(笑)
嬉しそうに、でもビビッていますww

 

後日、
「酒屋の腰痛持ちの友だちにもプレゼントしたい!」
「母にも送りたい!」
とのことで、いくつかご注文いただきました。
いいでしょ!(*^^)vどや顔

 

Message by 佐藤青児

屈筋理論では 骨が身体を支えているわけではなく 筋肉が筒状になって
身体を支え さらに その束が筒になって身体という空洞=腔をつくって
身体を支えているという理論に基づきます。

人間の身体は前側に倒れる構造携帯になっており
輪ゴムをかかとと親指にひっかけると 前側につんのめらなくなります。
その輪ゴムをかかとと親指にひっかける 筋肉に対しての縦の圧力によって
前側へ倒れる抵抗形態をつくり。この靴下を履くだけで
身体を筒の構造体として機能させることが可能になるのです。

輪ゴムでも短時間であれば同じ効果を発揮できますが
長時間することによって 痛みがでたり血流障害 循環障害がおきる可能性があります。
このフレクサーソックスは
従来の圧着ソックスなどと同じ圧力で 圧が分散されるので
輪ゴムと違い長時間の装着が可能です。

 

講座やイベントのお知らせ

More

最近の投稿

More

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK